マンションを借りる

賃貸住宅のマンションでは、一戸建て住宅とは違い、さまざまな種類を選択して契約できる。それは賃貸物件も同じことが言える。賃貸住宅のマンションを契約となると、一般的な手続きの流れや最近の流行の手続きまであるので、賃貸住宅のマンションにおける契約の種類とその方法を紹介していこう。

賃貸のマンションを借りる

まず、賃貸住宅のマンションを借りる場合をみていこう。

敷金と礼金、保証人を準備して借り受けるのが一般的。敷金の説明をすると、賃貸住宅のマンションを借りている人が債務不履行となった場合の担保としての費用で、その敷金は家賃の1ヶ月分の費用となっていることが多い。礼金は、貸主へ対する謝礼として収めるお金のこと。この家賃は2〜3ヶ月分の費用となっていることが多い。

保証人は、借主側の身元の保証をする人のことで、保証人がいなければ賃貸契約を結べないということもある。

以上の敷金と礼金、保証人を準備して契約を行う。もしこれらが揃っていなければ賃貸住宅のマンションの契約は結べないこともあり、気軽に契約できる賃貸住宅の場合であってもどうしてもお金や時間がかかってしまうので、安易に契約することはできない。通常、賃貸住宅のマンションの契約では1年間くらいそこに住むことを前提として契約することが多いようだ。

しかし、もっと手軽で簡単に賃貸住宅のマンションを契約ができる方法がある。それは、ウイークリーマンションやマンスリーマンションを利用する方法だ。

ウイークリーマンション、マンスリーマンションは、先ほど述べたような敷金や礼金などを払う必要はなく、お金をあまりかけずに賃貸住宅のマンションに住むことができる。また、ウイークリーマンションやマンスリーマンション共に、家具などが最初から付属されていることも多いので、簡単に引っ越しができる。

ウイークリーマンションやマンスリーマンションを選ぶ際は、契約は便利だが、長期間を借りる予定として考えると費用は通常の賃貸住宅のマンションよりも高くなることが多いので注意が必要だ。ウイークリーマンションやマンスリーマンションは、契約が簡単に行える分、家賃などは割高になっていて、敷金や礼金を含めた費用よりも高くなってしまうこともある。

賃貸住宅のマンションを選ぶときには、どのくらいの期間を住む予定なのかをしっかりと考えないと損をしてしまうこともある。賃貸住宅のマンションは手軽だからと言って安易に選ばずに、賢い選択をしたいもの。